間仕切り壁天井部に「気流止め」断熱材がありません。
部屋がなんとなく寒いという要因です。
  断熱材の張り方が中途半端で、これもなんとなく寒いの要因です
   中古の建物です、浴室からの水漏れで時間が経つとシロアリがわきます。中古購入時には検査をが必要です
  中古の建物です、
床下の換気が悪く、結露で土台は腐食し断熱材は劣化してます
   窓周りの防水テープと外部防水シートの張り方順序が逆です。全てやり変えを指示しました    外部構造用合板の釘間隔の間違い、予定の強度が発揮されません
   外部構造用チップボードは上下に6〜10mmの隙間が必要です。大工さんが知らない?せっかく高い材料を使っているのに、切り込みをいれ隙間を作りました    アスファルトシートの立上りが不足してます
   型枠のセパレータ処理が悪く、雨水が床下に浸水、新築建物です。    木材の含水率測定器です。20%以下でなければいけませんが80%以上あります。これを見ても問題ありませんと業者は言ってました
   バルコニー部のサッシ高さは120mm以上必要です。図面通りでしたがやり変えてもらいました。(漏水事故があった場合保証会社は保証しません)