住まい作りは、契約書作りから始ります。
   ・支払いはどうなってるの?
   ・履行遅延違約金は?
   ・契約解除や紛争の処理はどうなっているのか?
   ・瑕疵担保責任は?
 こんなことをチェックしながら、契約約款は自分で作るくらいの心構えで
 契約書を読みましょう。

 契約書の様式や内容は、当事者双方の合意によって作られるもので、
 法律で決められているものではありません。したがって、
   ・工事請負契約(注文建築の場合)
   ・土地建物売買契約(建売住宅の場合)
   ・区分建物売買契約(マンション等の場合)
 など、契約を結ぶ席上で手書きしたものでもいいのですが、

 実際は売り手が前もって一方的に作り、印刷しておいて契約の席上に持ち出す
 のが普通です。 そして、それを十分に読まないで押印してしまいます。 



 住まいを手に入れる際の契約書には、まず注文建築の際に契約する「請負契約書」
 があり、よく使われる様式に「民間連合協定・工事請負契約書」があります。
 その他に、中央建設業審議会が作った「民間建設工事標準請負契約約款」など
 があります。このような契約書がそのままつけてあれば、それほど問題もありませ
 んが、通常は上記しました様に売り手が一方的に契約書を作ってきます。

 契約書の内容は、その場で読んでもよく分りません。
 事前にもらって内容をチェックしましょう


 チェックする方法は、 
日本弁護士連合会が作成したモデル契約約款があります。
 中立公正な約款なので、この約款と比較しながらチェックしてください。
 内容が違う場合は差し替えを求めましょう。


 日本弁護士連合会のホームページは
⇒ここから 
                        (ダウンロードして使ってください)
  
ホームページに入ったら、検索窓 に「住宅建築工事請負契約約款」と入れてください。